年祝いのやり方は型にはめる必要はありません。

年祝いのやり方は型にはめる必要はありません。

だからとは言え60年間の歴史がありますし、軽く過ごしたくありません。

 

昇進祝いのように事務的にする感じでもないですが、家族でほっこり想い出深く取り仕切ってみましょう。

 

満60差は還暦と言われ、そのお祝いは元来は長寿をたたえる行事でした。

 

とはいっても最近の人たちはハツラツとしていて、元気な方も多いので長生きって感じじゃないですよね。

 

子供はとっくに自立していてもいつでも親目線がぶれない両親であって、事態をいい意味で変えるために「もう大丈夫だよ、また新しい夢を追ってほしい」という願いを知らせる値千金のチャンスだと思います。

 

長寿を祝う年の人は、1つの節目を迎えている人です。

 

がむしゃらに仕事をした日々とは違い、子供たちは社会へ出ているご家庭が大半で、もっと夫婦の時間を大切にして良いのではないでしょうか。

 

それに今も活躍されていると思いますが、体への気遣いは必要な時期でもあります。

 

還暦の60歳には、場合によっては親戚も含めての行事が還暦の人にとって大事になことです。

page top