還暦を祝う方法というのはやり方にこだわらなくても構いません。

還暦を祝う方法というのはやり方にこだわらなくても構いません。

そうは言っても恒例と誕生日とは同じでなく特別なイベントにしたいと思います。

 

七五三のようなイベントするまでもないですが、家族でほっこりちょっと盛大にする段取りしたいですね。

 

満60歳の年を祝う還暦祝いは、元々は長命を祝う行事でした。

 

しかし現代で還暦の人は若々しく、健康的な方が多く、長生きって感じじゃないですよね。

 

子どもが独立して家庭を持ってもいつでも親目線がぶれない親御さんがいて、事態をいい意味で変えるために「もう大丈夫だよ、明日からは自分たちが楽しんでほしい」とハッキリ伝える値千金の時期ではないでしょうか? 年祝いをされる人は、今までとは違うフェーズの毎日を送ります。

 

会社優先の毎日は落ち着いて、社会人になった子供は独立しているという方が多いし、家族のことを最優先で気にしないでも良いのではないでしょうか。

 

あるいは、今は元気さながらでも健康への気遣いは必須である年と思われます。

 

だから、60歳を1つの区切りとして、家族でのイベントがあるといいと思いませんか?

page top