満60歳の誕生日の近くで本卦還りのお祝いをされるケースが一般的ですが、家族が遠方に住むことも珍しくない最近では、満60歳の誕生日ではなく家族がそろいやすい日程でお祝いするケースが主流です。

満60歳の誕生日の近くで本卦還りのお祝いをされるケースが一般的ですが、家族が遠方に住むことも珍しくない最近では、満60歳の誕生日ではなく家族がそろいやすい日程でお祝いするケースが主流です。

連休をうまく利用するなどご家族が一堂に揃うタイミングでお祝いの会を催すという感じです。

 

会社員勤めだと60才で定年として退職になる方がいるので、還暦祝いを兼ねることもあります。

 

定年退職の記念と還暦祝いでも厳格な日程や緻密な段取りに意識し過ぎず、還暦を数え年の61歳にするという考え方が根強く、つまり60歳(満年齢)が、それですね。

 

誕生日が1月1日でも12月31日でもその年に満60歳の誕生日があれば、本卦還りの年なのです。

 

数え年では年明けとともに61歳になるので、還暦祝いの催しは年明けから春分までに行っていたようです。

 

ただ最近はというと、満年齢の方が、馴染んでいるので、節分の日までというのを意識せず祝いの品物を準備するのが多いです。

page top