満60歳の誕生日の近くで還暦のお祝いを催すことが多いですが、最近は家族が実家の近所にいないことが多く、当人の60歳の誕生日に関係なく家族がそろいやすい日程で集まるようになっています。

満60歳の誕生日の近くで還暦のお祝いを催すことが多いですが、最近は家族が実家の近所にいないことが多く、当人の60歳の誕生日に関係なく家族がそろいやすい日程で集まるようになっています。

正月、5月、8月、9月などの連休の家族が一堂に会する日程でお祝いの会を催すという感じです。

 

中には、満60歳になる誕生日で定年の退職になる人がいるので、勇退記念と還暦祝いを一緒にされる場合もあります。

 

勇退と還暦のお祝いでも型にはめることにとらわれず、人生60年の区切りを執り行うことが数え61歳になる年を還暦という定義がもともとであり、60歳(満年齢)が還暦となります。

 

誕生日が1月1日でも12月31日でも満60歳の誕生日の年が、数え年の61歳で還暦に間違いありません。

 

数え年では年明けに年齢が変わるので、還暦を祝いのは年明け早々、節分の日くらいまでにされていたようです。

 

とは言え今では、満年齢の方が、馴染んでいるので、60歳になる誕生日の前後でお祝いする段取りが大半の選択です。

page top