満60歳の誕生日の近くで還暦のお祝いを行うことが多いですが、家族が遠方に住むことも珍しくない最近では、60歳の誕生日にかかわらず家族がそろいやすい日程でお祝いするケースも多いですね。

満60歳の誕生日の近くで還暦のお祝いを行うことが多いですが、家族が遠方に住むことも珍しくない最近では、60歳の誕生日にかかわらず家族がそろいやすい日程でお祝いするケースも多いですね。

年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み、シルバーウィークなどご家族が一堂に揃うタイミングで催すという感じです。

 

会社員であれば60歳の誕生日で定年で退職される方もいるので、勇退と還暦を併せてお祝いされる人もいますね。

 

勇退記念でもなんでも昔ながらのやり方に気にし過ぎないようにして、執り行うことが数え61歳になる年を還暦という考え方が根強く、満60歳になる年が、それです。

 

誕生日にかかわらずその年が、満60歳になる年であれば、数え年の61歳で還暦ということになります。

 

数え年では年明けに年齢が変わるので、還暦のお祝いは年が明け、おおよそ節分までには行っていました。

 

ただし現在は、満年齢での数え方が馴染んでいるので、節分の日までというのを意識せずお祝いする段取りが多いと思います。

page top