還暦のお祝いは、満60歳になる誕生日の前後で行うことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、満60歳を迎える誕生日ではなく皆が集まりやすい時期にお祝いするようになっています。

還暦のお祝いは、満60歳になる誕生日の前後で行うことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、満60歳を迎える誕生日ではなく皆が集まりやすい時期にお祝いするようになっています。

正月、5月、8月、9月などの連休のご家族が揃うタイミングにお祝いをするという感じです。

 

中には、満60歳になる誕生日で定年の退職になる人がいるので、定年退職の記念と還暦祝いを一緒にする人もいます。

 

定年退職の記念と還暦祝いでも型にはめることにとらわれず、数え年の61歳が還暦ですので、それは満年齢で60歳を意味します。

 

何日が誕生日だとしても満60歳になる誕生日の年が、還暦の数え年61歳なのです。

 

数え年では年明けとともに61歳になるので、還暦のお祝いは年明けから春分までに行っていました。

 

ただ最近はというと、数え年というよりは満年齢なので、ふつうなので、節分の日までというのを意識せずお祝いの旅行などをするのが大半の選択です。

page top