還暦をお祝いするのは、満60歳の誕生日あたりで催すことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、60歳を迎える当人の誕生日ではなく皆が集まりやすい時期にお祝いするようになっています。

還暦をお祝いするのは、満60歳の誕生日あたりで催すことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、60歳を迎える当人の誕生日ではなく皆が集まりやすい時期にお祝いするようになっています。

連休をうまく利用するなど家族一同で揃いやすい時期にお祝い会を行う感じです。

 

会社員勤めだと60才で定年の退職になる人がいるので、還暦と定年退職のお祝いを兼ねる場合もあります。

 

還暦と定年退職のお祝いでも厳格な日程や緻密な段取りに気にし過ぎないようにして、生後60年の節目をお祝いするという気持ちで執り行うことが最も大切かと思います。

 

数え61歳になる年を還暦と言っているので、それは満年齢で60歳を意味します。

 

誕生日が元旦から大みそかのいつでも満60歳になる誕生日の年が、還暦に間違いありません。

 

数え年では年明けとともに61歳になるので、本卦還りをお祝いするのは元旦を過ぎ節分のころまでに行っていました。

 

ただ最近はというと、満年齢の方が、良く知られているので、年明けの2か月間にこだわらずお祝いの食事会などをするのが大半の選択だと思います。

page top