お祝いをするためにお祝いの会ができないときは、お祝いの品物を宅配などで届けるようになると思います。

お祝いをするためにお祝いの会ができないときは、お祝いの品物を宅配などで届けるようになると思います。

能率的としても頭では理解しているとは思いますが、できる限りお祝い品を手持ちして顔を出してあげるのが、感激されることでしょう。

 

訪問することができない場合は、季節のお見舞い状で気持ちや近況を伝えたり、最近の写真を同封するなどして訪問できないことを補う思いやりは、忘れずにしましょう。

 

そして電話も忘れずにすることで、思い出深い還暦の記念になると思います。

 

還暦のお祝い品は、贈呈する場所が実家などならかさばるものでも構いません。

 

でも、ご当人の自宅以外で食事会などを予定するならポケットに入るようなものが無難です。

 

実家に戻る途中で、失くしたりしたらご当人は落ち込み半端ないって。

 

それにお祝いの席なのでお祝いの品物もその場にあった方が盛り上がるのは請け合いですけど、実体のないものを手配することもありますから余興を楽しみましょう。

 

還暦のお祝い品として以前からの慣例であれば、赤を使った何かを取り入れたプレゼントが間違いのない決断です。

 

ただ最近は実態を意識して、まだまだ元気な方にピッタリなこれからの活躍を祈念するものを選択する方が多くなっています。

 

本卦還り祝いのプレゼントとして、人生の1つのけじめとして、また今までの感謝を込めてプレゼントを選びましょう。

 

ご当人の趣味のもの、常においておけるものの全ての品物が選択肢になり得ます。

 

宅配した後の電話で「今までありがとう。

 

これからも元気でね!」という一言を付け加えるのが大事です。

 

そうすれば、貰った贈り物を考えるたびにその瞬間の嬉しさが思い出されるはずです。

page top