お祝いをするために出向くことが難しいなら、宅配便などでお祝いの贈り物を届けるようになると思います。

お祝いをするために出向くことが難しいなら、宅配便などでお祝いの贈り物を届けるようになると思います。

効率はいいでしょと頭では理解しているとは思いますが、持参しながら訪問するのが、喜ばしいことですよね。

 

手渡しができない場合は、手紙やカードなどで家族の様子を書いたり、本卦還り祝いの気持ちを表すなど持参できないことを補う配慮は、大切にしてください。

 

そして電話もして、忘れがたい本卦還りの思い出になることでしょう。

 

還暦ということで、昔からの風習で考えると赤が目立つ贈り物が普通に考えられるものです。

 

ただ近頃はそれに強くこだわらないで、60歳という年齢を気にせずこれからの活躍を祈念するものを選ぶ傾向があります。

 

人生節目のお祝いとして、これまで無事に過ごした時間を称えたり今までの感謝を込めて品物を選びましょう。

 

普段使いの物、実用性がないもののご決断は自由だとしてもいずれにしても感謝の気持ちを表す言葉を付け加えるのが大事です。

 

贈り物を見るたびにその瞬間の感動がきっと思い出されるはずです。

 

還暦のお祝い品は、お祝いの会がご当人の自宅などならば大きなものでも良いと思います。

 

ただ、実家以外でお祝いの会などを行うならば、かさばらないものにした方が無難です。

 

帰宅中に電車の中に置き忘れたりしたらご当人のショックが大きいですからね。

 

そもそもお祝いの食事会なのでお祝い品がその場にあれば、盛り上がると思いますが、海外旅行など品物じゃなく手配することもありますから仕方がないとは思いますよ。

page top