還暦ということで、昔の慣習にならい赤色を取り入れた贈り物が間違いのない決断です。

還暦ということで、昔の慣習にならい赤色を取り入れた贈り物が間違いのない決断です。

しかし最近はもっと柔軟に考えるようになり、60歳という年齢を気にせず感謝の気持ちを込めたものを選択する方が多くなっています。

 

人生60年の節目としての贈り物は、これからも健康で長生きしてほしい気持ちやありがたいと思う気持ちを込めて贈り物を選びましょう。

 

広い意味で日用品、希少性が高いもののどちらでもいいと思いますが、渡すときに素直な気持ちを声に出して付け加えるのが大切です。

 

ご当人は贈物を見るたびにその時を昨日のことのように思い出されるはずです。

 

還暦の方のご家族が出向くことが難しいなら、宅配便などでお祝いの贈り物を送ることでしょう。

 

無駄がないねと理屈ではわかってもできればお祝い品を持って顔を見せるのが、一番良いと思います。

 

持参できないときは、手紙やカードなどで感謝の気持ちを伝えたり、節目の60歳を純粋に祝う気持ちを書いたりして手持ちできないことを補う心配りは、手厚くしてください。

 

そして電話も忘れずにすることで、ご当人の喜びも一入(ひとしお)だと思います。

 

本卦還り祝いの贈り物は、贈呈する場所がご当人の実家などならば大きな贈り物でも問題ありません。

 

ただ、実家以外で食事会などを予定するなら持ち帰りやすい小さなものにした方が自宅まで運ぶことを気にしなくて済みます。

 

自宅に持ち帰る際、落として壊したりしたら贈ってくれた側に申し訳ないですから。

 

せっかくの還暦を祝う場面なのでプレゼントがご当人の前にあると盛り上がるのは請け合いですけど、旅行など形のないものを手配することもありますから余興を楽しみましょう。

page top