還暦のお祝いは、昔からの風習で考えるとベースやピンポイントに赤を使ったものが普通に考えられるものです。

還暦のお祝いは、昔からの風習で考えるとベースやピンポイントに赤を使ったものが普通に考えられるものです。

もっとも現在はもっと柔軟に考えるようになり、若々しい男性や女性に似合うもので感謝の気持ちを込めたものを選ばれる方が多いですね。

 

本卦還りとしての贈り物には、健康を維持してほしい願いや今までの恩に報いるよう贈り物を選びましょう。

 

ご当人にだけ価値があるもの、常においておけるものの全ての品物が選択肢になり得ます。

 

手渡すときに「今までありがとう。

 

これからも元気でね!」という一言を付け加えるのが大事です。

 

贈り物を見るたびにその時の嬉しさが思い出すことでしょう。

 

実家を離れて暮らす方が顔を出すことができないというならば、プレゼントを宅配などで送付しますね。

 

宅配は妥協点だと間違いではないにしても持参しながら一緒に食事などしながら渡すのが、喜ばしいことですよね。

 

手渡しができない場合は、便箋などで孫の様子を書いたり、本卦還りのお祝いを書いたりして手持ちできないことを補う心配りは、忘れないようにしてください。

 

さらに電話で声を聞かせれば、ご当人の喜びも一入(ひとしお)だと思います。

 

還暦祝いの贈り物は、手渡しするのが実家などなら重さや大きさは気にしなくても大丈夫です。

 

しかし、実家とは別の場所で食事会などを予定するならかさばらないものにした方が持ち帰りを心配しなくてもいいですね。

 

手持ちで自宅に運ぶ時、落として壊したりしたらご当人のショックが大きいですからね。

 

せっかくの還暦を祝う場面なので祝いの贈り物がその場にあれば盛り上がると思いますが、国内旅行など手にもてないものを手配することもありますから贈り物を披露するという感じではないですね。

page top