還暦のご当人と離れて暮らしていて顔を見せることができない場合は、宅配便などでプレゼントを届けることでしょう。

還暦のご当人と離れて暮らしていて顔を見せることができない場合は、宅配便などでプレゼントを届けることでしょう。

無駄がないねと理屈ではわかってもできる限りお祝い品を手持ちして顔を見せるのが、感激されることでしょう。

 

手渡しができない場合は、季節のお見舞い状で孫の様子を書いたり、60年間の労いの言葉を書くなど直接渡せないことを補うのに気を利かせるよう忘れずにしましょう。

 

さらに電話で声を聞かせれば、思い出深い本卦還りの記念になると思います。

 

還暦祝いの贈り物は、渡すタイミングが自宅などであればかさばるものでも構いません。

 

でも、ご当人の自宅以外で祝いの会などを予定するならかさばらないものにした方が良いでしょう。

 

自宅に持ち帰る際、失くしたりしたら凹みますよ、ご当人は。

 

本卦還りを祝う席なのでプレゼントがご当人の前にあると盛り上がるのは請け合いですけど、旅行など形のないものを計画する場合もあるので、ある意味仕方がないですね。

 

還暦ということで、慣例だと赤が目立つ贈り物が間違いのない決断です。

 

ただ最近は還暦の元来の意味合いが薄れ、まだまだ元気な方にピッタリな労いの気持ちを表す品物を手配するのが主流です。

 

本卦還りとしての贈り物には、健康を維持してほしい願いや今までの感謝を込めてプレゼントを選んであげましょう。

 

広い意味で日用品、記念として飾るような物の選択は自由ですが、宅配した後の電話で感謝を表す意味合いの言葉を添えてあげましょう。

 

そうすれば、貰った贈り物を考えるたびにその場面を走馬灯のようにきっと思い出すことでしょう。

page top