還暦の方のご家族がお祝いの席を持てないのであれば、宅配便などでお祝いの贈り物を届けることでしょう。

還暦の方のご家族がお祝いの席を持てないのであれば、宅配便などでお祝いの贈り物を届けることでしょう。

それは仕方がないことと頭では理解しているとは思いますが、できればお祝い品を持って贈呈するタイミングを持つことが、一番良いと思います。

 

持参できないときは、手紙やカードなどでこれからも元気でいてほしい気持ちや最近の写真を同封するなどして直接渡せないことを補うのに気を利かせるよう大切にしてください。

 

そして電話もして、ご当人の喜びも倍増です。

 

還暦を祝うための品物は、贈呈する場所が自宅などであればかさばるものでも問題ありません。

 

しかし、自宅とは別の場所で会食などを行うならば、、大きなものにしない方が良いでしょう。

 

手持ちで自宅に運ぶ時、失くしたりしたら凹みますよ、ご当人は。

 

本卦還りを祝う席なので祝いの贈り物がその場にあれば楽しくなるのは間違いとは思いますが、バスツアーなどの旅行券を計画する場合もあるので、仕方がないとは思いますよ。

 

還暦のお祝い品として先人の例を鑑み赤いプレゼントが恥ずかしくない選び方です。

 

しかし最近は贈り物のバリエーションが広がり、年齢に関係なく趣味性の高いものや節目として記念になるものを贈る方も多くなっていますね。

 

人生60年の節目としての贈り物は、これからも元気でいてほしい思いや今までの感謝を込めてプレゼントを選びましょう。

 

ご当人にだけ価値があるもの、希少性が高いものの全ての品物が選択肢になり得ます。

 

渡すときに素直な気持ちを声に出して添えてください。

 

貰った贈り物を考えるたびにその瞬間の嬉しさが思い出せることでしょう。

page top