還暦祝いの贈り物は、手渡しするのが自宅などであればかさばるものでも構いません。

還暦祝いの贈り物は、手渡しするのが自宅などであればかさばるものでも構いません。

しかし、自宅とは別の場所でお祝いの会などを行うならば、大きなものにしない方が良いでしょう。

 

自宅に持ち帰る際、ぶつけたりして形が変わったらご当人のショックが大きいですからね。

 

せっかくの還暦を祝う場面なので準備したプレゼントが皆の前にあった方がみんなの気持ちが高揚するはずですが、バスツアーなどの旅行券をお祝い品にして見栄えがパッとしないですが、ある意味仕方がないですね。

 

還暦のお祝い品として一般的に赤を使った何かを取り入れたプレゼントがよくあるパターンです。

 

しかし近頃は贈り物のバリエーションが広がり、60歳という年齢を気にせず人生の通過点として記念のものを選択する方が多くなっています。

 

人生節目のお祝いとして、人生の1つのけじめとして、また贈る側の感謝の気持ちを込めるように贈り物を選んであげましょう。

 

広い意味で日用品、記念として飾るような物の選択は自由ですが、いずれにしても感謝の気持ちを表す言葉を付け加えるのが大事です。

 

贈り物を見るたびにその場面を走馬灯のように思い出せることでしょう。

 

実家を離れて暮らす方が出向くことが難しいなら、宅配便などでプレゼントを送付すると思います。

 

効率はいいでしょと理屈はそうにせよ可能な限り手持ちして顔を見せるのが、喜ばしいことですよね。

 

直接渡すことができないなら季節のお見舞い状で気持ちや近況を伝えたり、本卦還り祝いの気持ちを表すなど直接渡せないことを補うのに気を利かせるよう大切にしてください。

 

そして電話も忘れずにすることで、忘れがたい還暦の思い出になることでしょう。

page top