還暦祝いの贈り物は、贈呈する場所がご当人の実家などならばかさばるものでも構いません。

還暦祝いの贈り物は、贈呈する場所がご当人の実家などならばかさばるものでも構いません。

でも、ご当人の自宅以外で会食などを行うならば、、目録など簡単に持ち帰れるものにした方が無難です。

 

帰宅中に壊したりしたらご当人は落ち込み半端ないって。

 

そもそもお祝いの食事会なので祝いの贈り物がその場にあれば確実に盛り上がるでしょうけど、旅行など形のないものを計画する場合もあるので、お祝い品以外で盛り上がるしかないでしょうね。

 

還暦の方のご家族がお祝いの会ができないときは、プレゼントを宅配などで送ることでしょう。

 

ある意味当然だと理屈ではわかってもできる限りお祝い品を手持ちして贈呈するタイミングを持つことが、喜ばしいことですよね。

 

渡すために出向けないときは、カードなどで感謝の気持ちを伝えたり、還暦のお祝いを書いたりなど手持ちできないことを補う心配りは、怠らないようにしましょう。

 

そして到着の頃を見計らい電話するなどすれば、思い出深い還暦の記念になると思います。

 

還暦のお祝い品として以前からの慣例であれば、赤色を取り入れた贈り物が普通に考えられるものです。

 

もっともこのところはもっと柔軟に考えるようになり、若々しい男性や女性に似合うもので節目として記念になるものを選ぶ傾向があります。

 

還暦祝いのプレゼントとして、健康を維持してほしい願いや今までの感謝を込めてプレゼントを選びましょう。

 

ご当人にだけ価値があるもの、飾り物のご決断は自由だとしてもタイミングを逃さず「今までありがとう。

 

これからも元気でね!」という一言を添えてあげましょう。

 

ご当人はプレゼントを想うたびにその瞬間の感動が思い出されるはずです。

page top