のしには、内のしと外熨斗(そとのし)があります。

のしには、内のしと外熨斗(そとのし)があります。

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外熨斗(そとのし)と内のしでどちらが正解ということではありません。

 

本卦還り祝いに贈る品物の購入費はおおよそ2万円ほどのようで、それと会食代、旅行代として1名あたり3万円くらいは予定するようですね。

 

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、総額6万円ほど必要かもしれません。

 

ただ、どういった祝い方をしようと考えるのかによっても費用総額は違います。

 

60歳になった親の子供は、自分たちの子供の養育費などがかかる年代でもあるので、少し前から、例えば毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで貯金しませんか?満60歳本卦還りのプレゼントの品物は、どんなものがいいか悩みますよね。

 

いろいろな考え方の中で、還暦=年寄とイメージするようなものにしないという選び方があります。

 

ご両親の世代だと還暦は終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、年寄イメージに注意した方が無難だと思いますね。

 

ですので色合いは、地味系よりはご当人の好きな色が配色されているといいでしょう。

 

ちなみに女性に贈るなら本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですからベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

 

昔の会社勤めですと60歳(還暦)で定年する人が大半だったと思います。

 

近年は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという要因があって、何も変わらないという人が、ある意味当然のように見えます。

 

そのように会社勤めを続ける人に勤務先の仲間から人生の節目を祝うといった話はよく聞きます。

 

それに賛同する場合は、少なくても一人1000円からの徴収でお祝い品を手配する感じです。

 

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人が名前を記しますが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどちらでも問題ありません。

 

連名にする場合は書くのは2名くらいだと良さ気ですが、少なくても問題ありません。

 

ただ、3名以上なら兄弟一同などとした方が、優劣なしでいいかもしれません。

 

還暦は、男女とも違いはありません。

 

ただ以前は、男に家を継がせるという考え方から還暦を祝うのは男だけにして、その慣習を継続して男性だけを対象にするところはなくなっていません。

 

とは言え年齢を気にする女の人は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦を祝うサプライズも粋ですね。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)をどう付ける?還暦はめでたいことですので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、堅苦しいのは抜きにして「感謝」でも率直でいい感じだと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

還暦のご当人の名前ではありませんので注意しましょう。

page top