のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)の準備は?還暦は長寿のお祝い事ですから赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、もっとフランクに感謝の気持ちを表す言葉でいいと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

本卦還りご当人の名前ではないので勘違いされないように。

 

あとは還暦祝いの記念品をどうすrか、ですね。

 

男性でも女性でも還暦は違いはありません。

 

ただ、だいぶ前の時は、男に家を継がせるという価値観により還暦のお祝いは男性だけで、そのせいで男性だけを対象にするところはなくなっていません。

 

とは言うものの年齢が気になるご婦人も多いですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとして還暦を祝う演出も良いと思いますよ。

 

還暦祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人の名前ですが、実際は誰からのものかわかればどういう風に記しても構いません。

 

何人かの名前ならば見た目でいうと2、3名くらいがちょうど良いですが、多くても問題ありません。

 

ただ、多い場合は家族一同のようにすると見た目がいいかもしれません。

 

だいぶ以前の職場では、60歳定年として退職する人が大半だったと思います。

 

ですが今は、定年退職や年金支給の年齢が上がったという理由がありますが、現役続行者がむしろ当たり前のようです。

 

すると60歳で退職しなかった人に会社の同僚から還暦のお祝いをするというケースもありますね。

 

そんなときの会費は、一人あたり1〜5千円×5〜10人としてお祝い品を手配する感じです。

 

還暦のお祝いのためお祝いの品は、どんなものが適しているか容易には想像できないですね。

 

考え方は色々ですが、年寄じみた感じにしない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

親世代は還暦=終活世代に思えることが多いので、そういったことから還暦の意識をなくした方が良いと思いますよ。

 

印象を左右する色の使い方は、暗い色ばかりでなく明るい系がいいでしょう。

 

女性向けの一案として赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、メモリアルジュエリーのベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?本卦還り祝いに贈る品物の購入費は約2万円だそうで、それと会食代、旅行代として一人あたり3万円を考える必要がありそうです。

 

仮に父親だけが還暦だとしても食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、総額6万円ほど必要かもしれません。

 

もちろん、お祝いの内容をどうするのか、考え方によってお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

段取りする子供の年齢層は、生活費が増えている生活水準なので、少し前から、例えば地道に積立貯金していくのはどうでしょうか。

page top