のしには、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)があります。

のしには、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)があります。

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

男女とも還暦であることは同じです。

 

ただ古くは、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという風習があったので本卦還りを祝うのは男性だけにして、その慣習を継続して現在でも女性を対象にしない地区はなくなっていないようです。

 

とは言え年を気にする女の人も多いですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして還暦を祝う演出ならいいのではないでしょうか。

 

昔の会社では、還暦で定年退職する人が、ほとんどだったと思います。

 

逆に最近は、世間の価値が変わったこともあると思いますが、何も変わらないという人が、大半です。

 

そんな時、還暦で現役の人へ職場の有志から還暦のお祝いをするというケースはよく聞く話です。

 

そんなときの会費は、一人あたり1〜5千円×5〜10人として贈り物を準備する段取りになります。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は誰が贈ったのかを書くのですが、思い違いせず贈り主がわかれば姓だけでも特に問題ありません。

 

名前を書き連ねる場合なら書くのは2名くらいだとちょうど良いですが、多くても支障ないですね。

 

敢えて言うなら多い場合は、家族一同と記した方が、見た目がいいかもしれません。

 

満60歳還暦のお祝いの品物は、どんなものが適しているか簡単にわかりません。

 

考え方は様々ですが、還暦=年寄とイメージするようなものにしないという探し方があります。

 

還暦は、ご両親の世代だと終活世代に思えることが多いので、年寄イメージに注意した方がありがたさも倍増ですね。

 

色使いは、地味系よりは明るい系が基本です。

 

女性向けの一案として還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味なので、記念のベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

 

還暦祝いの贈り物の費用は1万5千から2万円くらいのようで、さらに旅行や食事の代金の一人あたり約2万円を追加予算するケースが多いです。

 

それは、父親だけが還暦でも食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総予算としては6万円前後になると思います。

 

もちろん、お祝いの内容をどうするのか、考え方によって予算は変えられます。

 

準備する贈る側の年代は、何かとお金が必要な世代なので、誰でも1回しかないことなので、自分のたばこの本数を減らしてでも貯金しませんか?本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)の準備は?まず、還暦のお祝いはめでたいことですので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、もっとフランクに希望の気持ちを表現する言葉でいいと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

贈り物を受ける人の名前じゃありません。

 

注意してください。

page top