のしには、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

のしには、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いに贈る品物の購入額は約2万円だそうで、それと会食代、旅行代として一人あたり約2万円を追加予算するケースが多いです。

 

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総額6万円ほど必要かもしれません。

 

もちろん、お祝いの内容をどうするのか、考え方によって概算費用は変わります。

 

60歳になった親の子供は、何かとものいりな世代なので、その時に困らないよう自分のたばこの本数を減らしてでも準備しませんか?だいぶ以前の職場では、還暦と同時に仕事を辞める人が、多かったようです。

 

でも今は、60歳でもまだまだ健康を維持していることもあると思いますが、退職しない人がふつうの様相です。

 

だから還暦で定年退職しない人に会社の同僚から本卦還りの祝いをするといった場面が見受けられます。

 

そういったことへの参加費は、人数で頭割りして1000円からの予算でお祝い品を手配する感じです。

 

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人の名前ですが、実際は誰からの贈り物かわかるのであれば名だけでも、まあ構わないでしょう。

 

何人かの名前ならば2、3人分くらいがちょうど良いと思いますが、少なくても問題ありません。

 

強いて言えば、多い時は「○○一同」という書き方にする方が、優劣なしでいいかもしれません。

 

還暦を祝う気持ちを表すためのプレゼントは、何にすると喜んでもらえるかなかなか答えが出ません。

 

いろいろな考え方の中で、年寄を連想しないようにという探し方があります。

 

親世代は還暦=弱い人に思えてしまう場合があるので、還暦を意識しすぎない方が間違いないでしょう。

 

印象を左右する色の使い方は、暗い系よりは暖色が基本です。

 

女性へのプレゼント案として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味なので、メモリアルジュエリーのベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りはお祝いの行事なので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、もっと親しみを込めて感謝の気持ちを表す言葉でいいと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

贈り物を受ける人の名前ではないんですね。

page top