以前、企業では一般的に還暦で会社を退職する人が、多かったようです。

以前、企業では一般的に還暦で会社を退職する人が、多かったようです。

でも今は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという要因があって、現役を継続する人がむしろ当たり前のようです。

 

だから還暦で定年退職しない人に勤務先の仲間から本卦還りの祝いをするといった話はよく聞きます。

 

そんなときの会費は、少なくても一人1000円からの徴収で記念品を買う感じですね。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどう用意する?本卦還りのお祝いは祝儀なので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、もっとフランクに感謝の気持ちを表す言葉で良いのではないでしょうか。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

お祝い品を受ける人ではありませんので注意しましょう。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外熨斗(そとのし)と内のしでどちらが正解ということではありません。

 

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人の名前ですが、ご当人が誰からかがわかればどちらでも、まあ構わないでしょう。

 

複数の名前にするなら2、3人分くらいがちょうど良いですが、臨機応変に決めて大丈夫です。

 

ただ、2名を超える場合は子供・孫一同とした方が、見た目がいいかもしれません。

 

本卦還りのプレゼントは、どんなものがいいか容易には想像できないですね。

 

様々な考え方の中で、年寄じみた感じにしない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

親世代は還暦=年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、そういったことから還暦の意識をなくした方が間違いないでしょう。

 

ですので色合いは、地味系よりはご当人の好きな色がいいでしょう。

 

ちなみに女性に贈るなら本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なのでメモリアルジュエリーのベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?還暦の内容は、男も女も同じで違いはありません。

 

ただ前は、男に家を継がせるという考え方から還暦のお祝いは男性だけで、そういった経緯で男性だけを対象にする地区もあるみたいです。

 

とは言うものの年齢が気になるご婦人も多いですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとして本卦還りを祝うサプライズも粋ですね。

 

還暦祝いの贈り物の費用は約2万円だそうで、それに旅行代や食事代として1名あたり2万円ほど追加しているようです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、食事や旅行に行くなら母親と一緒でしょうから、総予算としては5万円以上になると思います。

 

もちろん、お祝いの内容をどうするかによっても予定する金額に違いがあります。

 

贈り物をする子供の世代は、何かとものいりな生活水準なので、残念が思いをしなくてもいいよう3〜5年かけて毎月少しずつでも貯金しませんか?

page top