昔の職場では、還暦で仕事から引退する人が大半だったと思います。

昔の職場では、還暦で仕事から引退する人が大半だったと思います。

でも今は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという理由がありますが、会社を辞めない人が、ふつうの様相です。

 

そのように会社勤めを続ける人に職場の同僚などから還暦のお祝いをするというケースはよく聞く話です。

 

そんなときの会費は、お金を出し合ってプレゼントを買いますね。

 

還暦祝いの贈り物の費用は約2万円だそうで、それと会食代、旅行代として一人につき2万円ほど追加しているようです。

 

仮に父親だけが還暦だとしても食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

ただ、どういった祝い方をしようと考えるのかによってもお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

贈り物をする子供の世代は、生活費が増えている世代でもあるので、誰でも1回しかないことなので、3〜5年かけて毎月少しずつでもお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

男女とも還暦であることは同じで内容に違いはありません。

 

ただ古くは、男に家を継がせるという風習があったので還暦祝いは男性だけにして、そういった経緯で男性だけを対象にするところがあるようです。

 

とは言うものの年齢が気になる女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の還暦をお祝いするサプライズも良いと思います。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、ふつうは贈る人の名前を書きますが、ご当人が誰からかがわかれば名だけでも、まあ構わないでしょう。

 

複数の名前を書くならば書くのは2、3名くらいだと具合がいいですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

一応、2名を超えるときは兄弟一同などとした方が、スッキリしますね。

 

のしには、内のしと外のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどう書く?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら労いの気持ちを示す言葉で率直でいい感じだと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

本卦還りご当人の名前じゃありません。

 

注意してください。

 

還暦を祝う気持ちを表すためのお祝いの品は、どんなものが適しているか悩みますよね。

 

1つの考え方として、年寄じみた感じにしないという探し方があります。

 

親世代は還暦=終活世代に思えることが多いので、還暦を意識しすぎない方が間違いないでしょう。

 

色使いは、地味な色ばかりでなく暖色が配色されているといいでしょう。

 

例でいうと女性への贈り物として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、持つ人を守護するベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

page top