昔の職場では、還暦と同時に仕事を辞める人が、大半でした。

昔の職場では、還暦と同時に仕事を辞める人が、大半でした。

近年は、60歳でもまだまだ健康を維持していることもあると思いますが、リタイアしない人が、多くいます。

 

だから還暦で定年退職しない人に職場の同僚などから還暦祝いをするといった話はよく聞きます。

 

それに一口乗ろうとすれば、お金を出し合ってプレゼントを買いますね。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

 

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

満60歳本卦還りのお祝いの品物は、何が最適か簡単に決められません。

 

様々な考え方の中で、満60歳を意識しないという選び方があります。

 

親世代は還暦=人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

 

印象を左右する色の使い方は、暗い色ばかりでなくご当人の好きな色が生かされているといいですよね。

 

女性へのプレゼント案として、本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですからベビーリングを候補にしても良いと思います。

 

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈り主の名前を書きますが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであれば名字だけでも名前だけでもマナー違反ではありません。

 

複数の名前を書くならば2、3人分くらいがちょうど良いですが、少なくても支障ないですね。

 

一応、2名を超えるときは子供・孫一同と記した方が、きれいですね。

 

還暦のお祝い品の予算は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として一人につき2万円ほど考える必要がありそうです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、食事・旅行を用意すれば、二人で行くでしょうから総額6万円ほど必要かもしれません。

 

もっともお祝いの仕方をどうしたいのかによっても予定金額は違うでしょう。

 

段取りする子供の年齢層は、生活費が増えている世代でもあるので、その時に困らないよう地道に貯金しませんか?男女とも還暦であることは同じです。

 

ただ古くは、男に家を継がせるという風習があったので本卦還り祝いは男だけにして、そのせいで男性だけを対象にする地域もあるようです。

 

とは言え年齢を気にする女性も多いですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりも誕生祝いとしながら本卦還りを祝うサプライズも粋ですね。

 

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)の準備は?まず、本卦還りのお祝いは祝儀なので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、堅苦しいのは抜きにして「感謝」でも率直でいい感じだと思います。

 

下側には、贈る人がわかるように書きます。

 

本卦還りご当人の名前ではありませんので注意しましょう。

page top