昔の職場では、60歳定年として退職する人がほとんどだったと思います。

昔の職場では、60歳定年として退職する人がほとんどだったと思います。

しかし最近は、全般的に長寿になったこともあるでしょうが、退職しない人がある意味当然のように見えます。

 

だから還暦で定年退職しない人に職場の同僚などから人生の節目を祝うサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

それに一口乗ろうとすれば、人数で頭割りして1000円からの予算で記念品を買う感じですね。

 

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、ふつうは贈る人の名前を書きますが、実際は誰からのものかわかれば姓だけでもマナー違反ではありません。

 

名前を書き連ねる場合なら書くのは2、3名くらいだと具合がいいですが、ほぼほぼ問題になりません。

 

ただ、多い場合は家族一同と記した方が、スッキリしますね。

 

今までの感謝の気持ちを表すためのプレゼントの品物は、何にすると喜んでもらえるか簡単にわかりません。

 

いろいろな考え方の中で、「還暦ならではの」ものにはしない探し方だと選びやすいかもしれません。

 

還暦は、ご両親の世代だと終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、まだまだこれから!をイメージした方がありがたさも倍増ですね。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、地味系よりはピンポイントの赤が良いと思います。

 

たとえば女性には、赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、記念のベビーリングを贈り物として素敵だと思います。

 

還暦は、男女とも同じです。

 

ただ前は、家の跡継ぎを男性にするという慣習に従って本卦還り祝いは男だけにして、その慣習を継続して現在でも男性だけという地域もあるようです。

 

しかし、加齢を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還り祝いというよりも誕生祝いとしながら還暦祝いをするという演出も楽しいですよ。

 

のしには、内のしと外熨斗(そとのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

一方、内のしは開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

還暦のお祝い品の予算は約2万円だそうで、それに食事代や旅行代として1名あたり2万円ほど予定するようですね。

 

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

そもそもどんなお祝いをするのか、考え方によって予定する金額に違いがあります。

 

贈り物をする子供の世代は、子供の養育費や教育費がかかる世代なので、一生に一度のことなので、数年かけてお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうする?まず、還暦のお祝いは文字とおりお祝いなので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、もっと親しみを込めて労いの気持ちを示す言葉で素直にいいと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

贈り物を受ける人の名前じゃありません。

 

注意してください。

page top