本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、ふつうは贈る人の名前を書きますが、思い違いせず贈り主がわかれば名だけでも、まあ構わないでしょう。

本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、ふつうは贈る人の名前を書きますが、思い違いせず贈り主がわかれば名だけでも、まあ構わないでしょう。

連名にする場合は見た目でいうと3名くらいがちょうど良いと思いますが、少なくても支障ないですね。

 

一応、2名を超えるときは子供・孫一同と記した方が、見た目がいいかもしれません。

 

満60歳本卦還りのお祝いの品は、どんなものがいいか簡単にわかりません。

 

考え方は様々ですが、満60歳を意識しない選び方だと探しやすいと思います。

 

ご当人世代は、還暦に年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、今まで頑張った!を意識した方がありがたさも倍増ですね。

 

テイストを主張するのは色なので、暗い系よりはご当人の好きな色がいいでしょう。

 

たとえば女性には、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、記念のベビーリングをプレゼントするのはどうですか?還暦祝いの贈り物の費用は二万円前後が主流で、それと会食代、旅行代として一人あたり3万円を考える必要がありそうです。

 

それは、父親だけが還暦でも旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総予算としては6万円前後になると思います。

 

ただ、どんなお祝いをしたいのかによっても費用総額は違います。

 

段取りする子供の年齢層は、何かとお金が必要な年齢の人たちが多いので、一生に一度のことなので、自分のたばこの本数を減らしてでも準備していきましょう。

 

だいぶ以前の職場では、60歳(還暦)で定年する人が多かったようです。

 

でも今は、世間の価値が変わったこともあると思いますが、会社を辞めない人が、大半です。

 

すると60歳で退職しなかった人に勤め先の有志から還暦祝いをするといった話はよく聞きます。

 

そういったことへの参加費は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦は、男性でも女性でも同じで内容に違いはありません。

 

ただずいぶん前は、家の跡継ぎを男性にするという考え方から本卦還り祝いは男だけにして、そのせいで現在でも女性を対象にしない地域もあるようです。

 

とは言え年齢を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとして満60歳の還暦をお祝いする演出も楽しいですよ。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうする?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、形式的なのを避けるなら「これからもお元気で」でも十分だと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

還暦のご当人の名前ではないので勘違いされないように。

 

熨斗(のし)には、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

page top