本卦還り祝いに贈る品物の購入費は約2万円だそうで、さらに食事や旅行の代金の一人あたり約2万円を考える必要がありそうです。

本卦還り祝いに贈る品物の購入費は約2万円だそうで、さらに食事や旅行の代金の一人あたり約2万円を考える必要がありそうです。

もし父親が還暦だとすれば、食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

ただ、どういった祝い方をするつもりでいるかによって予定金額は違うでしょう。

 

60歳になった親の子供は、何かとお金が必要な年齢層でもあるので、一生に一度のことなので、数年かけて積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

昔の会社では、60歳(還暦)で定年する人がずいぶん多かったと思います。

 

近年は、働く必要に迫られてきたこともあると思いますが、現役続行者が大半です。

 

そのような人は、職場の有志から還暦のお祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

そういったことへの参加費は、お金を出し合ってお祝いの品物を準備しますね。

 

のしには、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

 

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

還暦は、男女とも違いはないです。

 

ただ昔は、男を家の跡継ぎにするという通例があったことで還暦を祝うのは男だけにして、そのせいかどうか今でも男性だけというところはなくなっていません。

 

もっとも年を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で本卦還りを祝うサプライズも良いと思います。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)の準備は?還暦のお祝いはめでたいことですので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、形式ばっているのはなしで感謝の気持ちを表す言葉で率直でいい感じだと思います。

 

下側には、贈る人がわかるように書きます。

 

お祝い品を受ける人ではありませんよ。

 

気を付けましょう。

 

還暦祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人が名前を記しますが、贈り主を勘違いすることがなければ、名字だけでも名前だけでも、まあ構わないでしょう。

 

何人かの名前ならば見た目でいうと3名くらいがちょうど良いですが、少なくても支障ないですね。

 

敢えて言うなら多い場合は、子供・孫一同とした方が、スッキリしますね。

 

満60歳還暦のプレゼントの品は、何が最適か悩みますよね。

 

1つの考え方として、年寄を連想しないようにという探し方があります。

 

還暦は、ご両親の世代だと弱い人に思えてしまう場合があるので、まだまだこれから!をイメージした方が間違いないでしょう。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、暗い色一辺倒ではなくピンポイントの赤が良いと思います。

 

例でいうと女性への贈り物として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味なので、誕生石を埋めたベビーリングをプレゼントするのはどうですか?

page top