本卦還り祝いに贈る品物の購入費は2万円くらいと言われていて、それに食事代や旅行代として一人あたり約2万円を準備するようでしょうね。

本卦還り祝いに贈る品物の購入費は2万円くらいと言われていて、それに食事代や旅行代として一人あたり約2万円を準備するようでしょうね。

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総額6万円ほど必要かもしれません。

 

そもそもどういった祝い方をしようと考えるのかによっても費用総額は違います。

 

60歳になった親の子供は、子供の養育費や教育費がかかる年代でもあるので、残念が思いをしなくてもいいよう3〜5年かけて毎月少しずつでも貯金しませんか?還暦を祝う気持ちを表すためのお祝いの品物は、どんなものがいいか悩みますよね。

 

考え方は色々ですが、年寄を連想しないように選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

親世代は還暦=年寄という構図を持つ人が多いので、まだまだこれから!をイメージした方がいいかもしれません。

 

ですので色合いは、暗い色一辺倒ではなく明るい系が良いと思います。

 

例として女性へのプレゼントなら赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、記念のベビーリングを贈り物として素敵だと思います。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈り主の名前を書きますが、ご当人が誰からかがわかれば姓だけでもマナー違反ではありません。

 

複数の名前を書くならば2人分くらいがちょうど良いですが、臨機応変に決めて大丈夫です。

 

一応、2名を超えるときは子供・孫一同とした方が、優劣なしでいいかもしれません。

 

以前、企業では一般的に還暦で仕事から引退する人がたくさんいました。

 

しかし最近は、定年退職や年金支給の年齢が上がったからと考えられますが、会社を辞めない人が、多くいます。

 

そういった人に対し、会社の同僚から人生の節目を祝うといった場面が見受けられます。

 

そんなときの会費は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいで記念品を買う感じですね。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?まず、本卦還りのお祝いはお祝いの行事なので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら労いの気持ちを示す言葉で素直にいいと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

本卦還りご当人の名前ではないんですね。

 

男性も女性も還暦の内容は同じです。

 

ただ昔は、男性を家の跡継ぎにするという通例があったことで本卦還りを祝うのは男性だけにして、その名残で今でも女性を対象としない地区はなくなっていないようです。

 

とは言え年を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦祝いをするというサプライズも粋ですね。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)があります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

page top