本卦還り祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

本卦還り祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら「感謝」でも率直でいい感じだと思います。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

還暦のご当人の名前ではないので勘違いされないように。

 

男性でも女性でも還暦は同じです。

 

ただ古くは、男に家を継がせるという通例があったことで還暦のお祝いは男性だけで、その慣習を継続して現在でも男性だけという地域もあるようです。

 

とは言うものの年齢が気になる女の人も多いですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとして本卦還りを祝う演出も良いと思いますよ。

 

だいぶ前の会社では、60歳(還暦)で定年する人がたくさんいました。

 

近年は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという理由がありますが、現役続行者が大半です。

 

そのように会社勤めを続ける人に職場の同僚などから60歳の節目の誕生日を祝うというケースもありますね。

 

その時の予算は、一人あたり1〜5千円×5〜10人としてプレゼントを買いますね。

 

熨斗(のし)には、外のしと内のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦のお祝い品の予算は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として1名あたり2万円ほど加えているようです。

 

仮に父親だけが還暦だとしても食事や旅行に行くなら母親と一緒でしょうから、総額5万円以上が必要になりそうです。

 

そもそもどんなお祝いをするか、計画によって予定金額は違うでしょう。

 

段取りする子供の年齢層は、何かとお金が必要な年代でもあるので、その時に困らないよう3〜5年かけて毎月少しずつでも積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

満60歳還暦のプレゼントの品は、どんなものがいいか簡単にわかりません。

 

1つの考え方として、The還暦という感じのものにしない探し方だと選びやすいかもしれません。

 

親世代は還暦=弱い人に思えてしまう場合があるので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

 

印象を左右する色の使い方は、地味系よりはご当人の好きな色が基本です。

 

女性向けの一案として赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、持つ人のパワーを高めるベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、ふつうは贈る人の名前を書きますが、実際は誰からのものかわかればどちらでも、まあ構わないでしょう。

 

名前を書き連ねる場合なら2、3人分くらいがちょうど良いと思いますが、少なくても問題ありません。

 

敢えて言うなら多い場合は、兄弟一同などとした方が、スッキリしますね。

page top