本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、実際は誰からのものかわかればどういう風に記しても、まあ構わないでしょう。

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、実際は誰からのものかわかればどういう風に記しても、まあ構わないでしょう。

名前を書き連ねる場合なら2、3人分くらいが良さ気ですが、少なくても支障ないですね。

 

強いて言えば、多い時は兄弟一同などとした方が、スッキリしますね。

 

熨斗(のし)には、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いに贈る品物の購入額は2万円くらいと言われていて、それに旅行代や食事代として一人につき2万円ほど準備するようでしょうね。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

ただ、どんなお祝いをしようと考えるのかによってもお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

段取りする子供の年齢層は、自分たちの子供の養育費などがかかる世代なので、少し前から、例えば数年かけてお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

還暦の内容は、男も女も同じです。

 

ただ昔は、家の跡継ぎを男性にするという慣習に従って還暦祝いは男性だけにして、それがあったから今でも男性だけという地区もあるみたいです。

 

しかし、加齢を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で満60歳の本卦還りをお祝いするサプライズも良いと思います。

 

満60歳本卦還りの贈り物は、どんなものが適しているか簡単にわかりません。

 

いろいろな考え方の中で、年寄じみた感じにしない選び方だと探しやすいと思います。

 

年配者の中には、還暦は人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、還暦を意識しすぎない方がありがたさも倍増ですね。

 

色使いは、地味な色ばかりでなくご当人の好きな色がいいでしょう。

 

女性へのプレゼント案として、赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、記念のベビーリングを候補にしても良いと思います。

 

だいぶ以前の職場では、還暦で仕事から引退する人がほとんどだったと思います。

 

ですが今は、社会の仕組みが変わったからと考えられますが、現役を継続する人がたくさんいます。

 

だから還暦で定年退職しない人に会社の同僚から人生の節目を祝う親密的なお話しがありますね。

 

そういったことへの参加費は、少なくても一人1000円からの徴収で贈り物を準備する段取りになります。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?まず、還暦のお祝いはお祝いの行事なので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、形式ばっているのはなしで労いの気持ちを示す言葉で率直でいい感じだと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お祝いされる人の名前ではないので勘違いされないように。

page top