満60歳本卦還りのお祝いの品は、何が最適か簡単に決められません。

満60歳本卦還りのお祝いの品は、何が最適か簡単に決められません。

1つの考え方として、年寄じみた感じにしない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

親世代は還暦=終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

 

テイストを主張するのは色なので、地味な色ばかりでなく明るい色の組み合わせが生かされているといいですよね。

 

女性向けの一案として還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、誕生石を埋めたベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

 

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう用意する?本卦還りは長寿のお祝い事ですから蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら労いの気持ちを示す言葉で率直でいい感じだと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

お祝いされる人の名前じゃありません。

 

注意してください。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦の内容は、男も女も違いはありません。

 

ただずいぶん前は、男性を家の跡継ぎにするという風習があったので還暦を祝うのは男だけにして、その慣習を継続して今でも女性を祝わない地域はなくなっていません。

 

しかし、加齢を気にする女の人は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で本卦還り祝いをするというサプライズも粋ですね。

 

だいぶ前の会社では、還暦で会社を退職する人が、ほとんどだったと思います。

 

近年は、社会の仕組みが変わったという理由がありますが、現役を継続する人が大半です。

 

すると60歳で退職しなかった人に職場の同僚などから本卦還りの祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

そういったことへの参加費は、一人あたり1〜5千円×5〜10人として贈り物を準備する段取りになります。

 

還暦祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はふつうは贈る人の名前を書きますが、思い違いせず贈り主がわかれば姓だけでも構いません。

 

名前を書き連ねる場合なら書くのは2、3名くらいだと具合がいいと思いますが、少なくても支障ないですね。

 

敢えて言うなら多い場合は、兄弟一同などとした方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。

 

本卦還り祝いに贈る品物の購入費はだいたい2万円くらいにする人が多く、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど追加予算するケースが多いです。

 

それは、父親だけが還暦でも旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総額5万円以上が必要になりそうです。

 

もっともお祝いの仕方をどうするかによってもお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

親が60歳の子供は、自分たちの子供の養育費などがかかる年齢の人たちが多いので、その時に困らないよう3〜5年かけて毎月少しずつでも準備しませんか?

page top