満60歳還暦のプレゼントは、どんなものがいいかなかなか答えが出ません。

満60歳還暦のプレゼントは、どんなものがいいかなかなか答えが出ません。

考え方は色々ですが、年寄じみた感じにしないという探し方があります。

 

ご当人世代は、還暦に終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、還暦にこだわり過ぎない方が喜ばれると思います。

 

色使いは、地味系よりはピンポイントの赤が好感が持てると思います。

 

女性向けの一案として還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、持つ人のパワーを高めるベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

 

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人が名前を記しますが、贈り主を勘違いすることがなければ、名だけでも、まあ構わないでしょう。

 

何人かの名前ならば見た目でいうと3名くらいがちょうど良いですが、多くても支障ないですね。

 

一応、2名を超えるときは家族一同のようにすると優劣なしでいいかもしれません。

 

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?まず、本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、堅苦しいのは抜きにして「ありがとう」でもいいと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

お祝いされる人の名前ではないんですね。

 

昔の会社では、還暦で定年退職する人が、大半だったと思います。

 

近年は、定年退職や年金支給の年齢が上がったからと考えられますが、退職しない人が大半です。

 

だから還暦で定年退職しない人に勤務先の仲間から還暦祝いをするというケースはよく聞く話です。

 

それに賛同する場合は、お金を出し合って記念品を買う感じですね。

 

熨斗(のし)には、外のしと内のしがあります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いの贈り物の費用は2万円くらいと言われていて、それと旅行代、会食代として一人につき約3万円ほど追加予算するケースが多いです。

 

もし父親が還暦だとすれば、旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総予算としては6万円前後になると思います。

 

ただ、どういった祝い方をするかによっても概算費用は変わります。

 

準備する贈る側の年代は、何かとお金が必要な年齢の人たちが多いので、残念が思いをしなくてもいいよう地道に積立貯金していくのはどうでしょうか。

 

還暦は、男女とも違いはないです。

 

ただ古くは、家の跡継ぎを男性にするという価値観により本卦還り祝いは男だけにして、そういった経緯で今でも女性を対象としないところはなくなっていません。

 

もっとも年齢を気にする女の人は少なくないですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の還暦をお祝いする演出も楽しいですよ。

page top