熨斗(のし)には、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

熨斗(のし)には、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?還暦のお祝いはお祝いの行事なので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、形式的なのを避けるなら「ありがとう」でも十分だと思います。

 

下は贈る人の名前です。

 

お祝いされる人の名前ではないのでウッカリされないように。

 

昔の会社勤めですと還暦で定年退職する人が、多かったようです。

 

でも今は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという理由がありますが、現役続行者が多くいます。

 

そのように会社勤めを続ける人に職場の有志から60歳の節目の誕生日を祝うといった場面が見受けられます。

 

その時の予算は、少なくても一人1000円からの徴収で記念品を買う感じですね。

 

本卦還りのお祝い品の予算は1万5千から2万円くらいのようで、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど追加しているようです。

 

両親健在で父親が還暦なら食事や旅行に行くなら母親と一緒でしょうから、全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

ただ、どんなお祝いをしたいのかによっても予定する金額に違いがあります。

 

親が還暦の子供の世代は、自分たちの子供の養育費などがかかる世代でもあるので、たとえば還暦の年から逆算して、3〜5年かけて毎月少しずつでも貯金しませんか?男女とも還暦であることは同じで内容に違いはありません。

 

ただ古くは、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという通例があったことで還暦のお祝いは男性だけで、それがあったから現在でも男性だけという地域もあるようです。

 

とは言うものの年齢が気になるご婦人も多いですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとして本卦還り祝いをするというサプライズも粋ですね。

 

還暦のお祝いのためお祝いの品は、何が最適か悩みますよね。

 

考え方は様々ですが、還暦=年寄とイメージするようなものにしない選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

ご当人世代は、還暦に弱い人に思えてしまう場合があるので、まだまだこれから!をイメージした方が良いと思いますよ。

 

テイストを主張するのは色なので、地味な色ばかりでなく明るい系が生かされているといいですよね。

 

たとえば女性には、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、記念のベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

 

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はふつうは贈る人の名前を書きますが、実際は誰からのものかわかればどんな書き方でもそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

何人かの名前ならば2、3人分くらいが具合がいいですが、少なくても支障ないですね。

 

ただ、2名を超える場合は家族一同と記した方が、スッキリしますね。

page top