男性でも女性でも還暦は同じで違いはありません。

男性でも女性でも還暦は同じで違いはありません。

ただ、だいぶ前の時は、家の跡継ぎを男性にするという価値観により還暦のお祝いは男性だけで、そのせいかどうか今でも女性を対象としない地域もあるようです。

 

とは言え年齢を気にする女性も多いですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で還暦祝いをするというサプライズも良いと思います。

 

熨斗には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内のしと外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

 

昔の会社勤めですと還暦で仕事から引退する人がずいぶん多かったと思います。

 

ですが今は、世間の価値が変わったという理由がありますが、退職しない人がある意味当然のように見えます。

 

そのように会社勤めを続ける人に職場の同僚などから本卦還り祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

予算としては、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈り主の名前を書きますが、思い違いせず贈り主がわかればどういう風に記しても、まあ構わないでしょう。

 

複数の名前にするなら書くのは2名くらいだとちょうど良いと思いますが、ほぼほぼ問題になりません。

 

ただ、3名以上なら家族一同と記した方が、スッキリしますね。

 

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうする?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、もっとフランクに感謝の気持ちを表す言葉で率直でいい感じだと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お祝い品を受ける人じゃありません。

 

注意してください。

 

還暦祝いに贈る品物の購入額は約2万円だそうで、それに食事代や旅行代として1名あたり3万円くらいは予定するようですね。

 

両親健在で父親が還暦なら食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総予算としては6万円前後になると思います。

 

もちろん、お祝いの内容をどうするか、計画によってお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

準備する贈る側の年代は、生活費が増えている世代なので、誰でも1回しかないことなので、自分のたばこの本数を減らしてでも準備していきましょう。

 

還暦のお祝いのためプレゼントは、どんなものがいいか楽々と決めるのは難しいです。

 

いくつかの案のうち年寄を連想しないように選び方は、選択肢の幅が広がりますね。

 

還暦は、ご両親の世代だと終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、還暦にこだわり過ぎない方が無難だと思いますね。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、寒色より暖色が配色されているといいでしょう。

 

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですから記念のベビーリングを候補にしても良いと思います。

page top