男性も女性も還暦の内容は違いはありません。

男性も女性も還暦の内容は違いはありません。

ただ、だいぶ前の時は、男に家督を継がせるという価値観により本卦還りを祝うのは男性だけにして、そのせいで現在でも男性だけという地区はなくなっていないようです。

 

もっとも年齢を気にする女の人は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で還暦祝いをするというサプライズも良いと思います。

 

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)をどう付ける?本卦還りは文字とおりお祝いなので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら感謝の気持ちを表す言葉で素直にいいと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

本卦還りご当人の名前ではありませんよ。

 

気を付けましょう。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

だいぶ以前の職場では、還暦で仕事から引退する人がほとんどだったと思います。

 

逆に最近は、60歳でもまだまだ健康を維持しているからで、現役続行者がむしろ当たり前のようです。

 

すると60歳で退職しなかった人に職場の有志から還暦のお祝いをするというケースはよく聞く話です。

 

それに一口乗ろうとすれば、人数で頭割りして1000円からの予算でプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦を祝う気持ちを表すためのお祝いの品物は、何が最適かなかなか答えが出ません。

 

考え方は様々ですが、The還暦という感じのものにしないという選び方があります。

 

年配者の中には、還暦は終活世代に思えることが多いので、還暦にこだわり過ぎない方がいいかもしれません。

 

色使いは、地味な色ばかりでなく明るい色の組み合わせが配色されているといいでしょう。

 

たとえば女性には、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、ベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

 

還暦祝いの贈り物の費用は2万円くらいと言われていて、さらに旅行や食事の代金の一人あたり約2万円を準備するようでしょうね。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

もちろん、お祝いの内容をどうしたいのかによっても予定金額は違うでしょう。

 

親が60歳の子供は、子供の養育費や教育費がかかる世代なので、その時に困らないよう3〜5年かけて毎月少しずつでも準備していきましょう。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人が名前を記しますが、ご当人が誰からかがわかれば姓だけでもマナー違反ではありません。

 

名前を並べるときは書くのは2、3名くらいだと具合がいいと思いますが、多くても問題ありません。

 

強いて言えば、多い時は家族一同と記した方が、見た目はスッキリしますね。

page top