還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)の準備は?まず、本卦還りのお祝いはめでたいことですので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

還暦のお祝い品に熨斗紙(のしがみ)の準備は?まず、本卦還りのお祝いはめでたいことですので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、形式的なのを避けるなら労いの気持ちを示す言葉でいいと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お祝いされる人の名前ではないんですね。

 

満60歳本卦還りのプレゼントの品は、どんなものが適しているかなかなか答えが出ません。

 

考え方は様々ですが、年寄じみた感じにしない選び方だと探しやすいと思います。

 

ご両親の世代だと還暦は弱い人に思えてしまう場合があるので、そういったことから還暦の意識をなくした方がありがたさも倍増ですね。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、暗い色一辺倒ではなく印象的な使い方の赤が基本です。

 

例でいうと女性への贈り物として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、持つ人のパワーを高めるベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は誰が贈ったのかを書くのですが、思い違いせず贈り主がわかればどちらでも特に問題ありません。

 

複数の名前にするなら2、3人分くらいがちょうど良いですが、多くても問題ありません。

 

ただ、2名を超える場合は子供・孫一同とした方が、見た目がいいかもしれません。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

 

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

 

昔の会社勤めですと還暦で定年退職する人が、多かったようです。

 

でも今は、全般的に長寿になったこともあるでしょうが、現役を継続する人がある意味当然のように見えます。

 

だから還暦で定年退職しない人に会社の親睦会などから60歳の節目の誕生日を祝うというケースもありますね。

 

それに一口乗ろうとすれば、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦の内容は、男も女も同じで内容に違いはありません。

 

ただ前は、男性を家の跡継ぎにするという習わしがあったため本卦還りを祝うのは男性だけにして、その慣習を継続して今でも女性を対象としない地域もあるようです。

 

もっとも年を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の本卦還りをお祝いするサプライズも粋ですね。

 

本卦還りの贈り物の費用は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として一人あたり3万円を加えているようです。

 

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総予算としては5万円以上になると思います。

 

ただ、どういった祝い方をするかによっても予定金額は違うでしょう。

 

親が還暦の子供の世代は、何かとものいりな年代でもあるので、一生に一度のことなので、3〜5年かけて毎月少しずつでもお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

page top