還暦のお祝い品の予算は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として一人あたり約2万円を追加しているようです。

還暦のお祝い品の予算は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として一人あたり約2万円を追加しているようです。

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事・旅行を用意すれば、二人で行くでしょうから総額6万円ほど必要かもしれません。

 

ただ、どういった祝い方をするつもりでいるかによって概算費用は変わります。

 

60歳になった親の子供は、子供の養育費や教育費がかかる生活水準なので、一生に一度のことなので、毎日コーヒー一杯を飲んだつもりでお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

 

還暦は、男女とも違いはありません。

 

ただ古くは、家の跡継ぎを男性にするという慣習に従って本卦還り祝いは男だけにして、そういった経緯で今でも女性を対象としない地域もあるようです。

 

とは言え年を気にするご婦人は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の本卦還りをお祝いする演出も良いと思いますよ。

 

昔の会社では、還暦で会社を退職する人が、ほとんどだったと思います。

 

逆に最近は、世間の価値が変わったという要因があって、リタイアしない人が、ある意味当然のように見えます。

 

そういった人に対し、職場の有志から還暦祝いをするといった場面が見受けられます。

 

予算としては、お金を出し合って贈り物を準備する段取りになります。

 

熨斗には、外のしと内のしがあります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

 

満60歳本卦還りのプレゼントの品は、どんなものが適しているかなかなか答えが出ません。

 

考え方は色々ですが、年寄じみた感じにしない探し方だと選びやすいかもしれません。

 

年配者の中には、還暦は年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、還暦にこだわり過ぎない方が間違いないでしょう。

 

色使いは、暗い系よりは明るい色の組み合わせが配色されているといいでしょう。

 

女性向けの一案として赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、ベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう用意する?本卦還りは長寿のお祝いに含まれるので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、形式的なのを避けるなら「これからもお元気で」でもいいと思います。

 

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

 

お父さんやお母さんの名前ではないんですね。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人の名前ですが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどちらでもそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

複数の名前にするなら見た目でいうと3名くらいが具合がいいですが、多くても問題ありません。

 

ただ、3名以上なら「○○一同」という書き方にする方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。

page top