還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈り主の名前を書きますが、思い違いせず贈り主がわかれば名字だけでも名前だけでも特に問題ありません。

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈り主の名前を書きますが、思い違いせず贈り主がわかれば名字だけでも名前だけでも特に問題ありません。

名前を並べるときは書くのは2、3名くらいだと良さ気ですが、多くても問題ありません。

 

一応、2名を超えるときは子供・孫一同とした方が、見た目がいいかもしれません。

 

のしには、内のしと外のしがあります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

だいぶ前の会社では、還暦と同時に仕事を辞める人が、ほとんどだったと思います。

 

しかし最近は、全般的に長寿になったという理由がありますが、退職しない人がふつうの様相です。

 

そのように会社勤めを続ける人に勤務先の仲間から本卦還り祝いをするといった話はよく聞きます。

 

その時の予算は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいでお祝いの品物を準備しますね。

 

男性も女性も還暦の内容は同じ差はありません。

 

ただ前は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという慣習に従って本卦還りを祝うのは男性だけにして、それがあったから現在でも男性だけという地区もあるみたいです。

 

もっとも年を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で本卦還り祝いをするという演出ならいいのではないでしょうか。

 

還暦祝いの贈り物の費用は1万5千から2万円くらいのようで、それに食事代や旅行代として一人につき約3万円ほど追加予算するケースが多いです。

 

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総予算としては6万円前後になると思います。

 

もっともお祝いの仕方をどうするかによっても予算は変えられます。

 

親が60歳の子供は、何かとお金が必要な年齢層でもあるので、誰でも1回しかないことなので、自分のたばこの本数を減らしてでも積立貯金していくのはどうでしょうか。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう用意する?まず、本卦還りのお祝いは祝儀なので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、もっと親しみを込めて希望の気持ちを表現する言葉でいいと思います。

 

下側には、贈る人がわかるように書きます。

 

本卦還りご当人の名前ではありませんよ。

 

気を付けましょう。

 

今までの感謝の気持ちを表すための贈り物は、どんなものが喜ばれるかなかなか答えが出ません。

 

いろいろな考え方の中で、還暦=年寄とイメージするようなものにしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

 

ご両親の世代だと還暦は年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、年寄イメージに注意した方がありがたさも倍増ですね。

 

色の組み合わせ方として、暗い色一辺倒ではなく暖色が好感が持てると思います。

 

例として女性へのプレゼントなら本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なので持つ人のパワーを高めるベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

page top