還暦の内容は、男も女も同じで違いはありません。

還暦の内容は、男も女も同じで違いはありません。

ただ、だいぶ前の時は、家の跡継ぎを男性にするという風習があったので本卦還りのお祝いは男だけで、その慣習を継続して現在でも男性だけというところはなくなっていません。

 

とは言うものの年齢が気になるご婦人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとして満60歳の本卦還りをお祝いする演出も良いと思いますよ。

 

本卦還り祝いの熨斗紙(のしがみ)の準備は?まず、本卦還りのお祝いは長寿のお祝い事ですから赤白の水引、そして蝶結びにします。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、もっと親しみを込めて「これからもお元気で」でも良いのではないでしょうか。

 

下に書くのは、贈る人の名前です。

 

本卦還りご当人の名前ではないんですね。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人が名前を記しますが、実際は誰からのものかわかれば姓だけでもそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

何人かの名前ならば見た目でいうと3名くらいがちょうど良いと思いますが、少なくても問題ありません。

 

ただ、多い場合は家族一同と記した方が、スッキリしますね。

 

還暦を祝う気持ちを表すための贈り物は、どんなものがいいか悩みますよね。

 

考え方は色々ですが、年寄を連想しないようにという選び方があります。

 

年配者の中には、還暦は終活世代に思えることが多いので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

 

テイストを主張するのは色なので、暗い色ばかりでなく暖色が好感が持てると思います。

 

例でいうと女性への贈り物として、本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですからベビーリングをプレゼントするのはどうですか?熨斗(のし)には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

 

還暦祝いに贈る品物の購入額はだいたい2万円くらいにする人が多く、さらに食事や旅行の代金の一人につき2万円ほど加えているようです。

 

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、食事や旅行に行くなら母親と一緒でしょうから、総額5万円以上が必要になりそうです。

 

そもそもどういった祝い方をしたいのかによっても概算費用は変わります。

 

贈り物をする子供の世代は、自分たちの子供の養育費などがかかる生活水準なので、誰でも1回しかないことなので、3〜5年かけて毎月少しずつでも準備していきましょう。

 

だいぶ前の会社では、還暦で仕事から引退する人が大半でした。

 

ですが今は、定年退職や年金支給の年齢が上がったという理由がありますが、会社を辞めない人が、ふつうの様相です。

 

そのような人は、職場の有志から還暦祝いをするというケースもありますね。

 

予算としては、一人あたり1〜5千円×5〜10人としてプレゼントを買いますね。

page top