還暦は、男女とも同じ差はありません。

還暦は、男女とも同じ差はありません。

ただ古くは、男性を家の跡継ぎにするという価値観により還暦のお祝いは男性だけで、そのせいで男性だけを対象にする地域もあるようです。

 

しかし、加齢を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の還暦をお祝いするサプライズも楽しいですね。

 

のしには、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)があります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

 

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈り主の名前を書きますが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであれば名だけでも問題ありません。

 

名前を並べるときは書くのは2名くらいだと具合がいいですが、多くても問題ありません。

 

ただ、3名以上なら家族一同と記した方が、見た目はスッキリしますね。

 

昔の会社では、還暦で定年退職する人が、ずいぶん多かったと思います。

 

逆に最近は、世間の価値が変わったからと考えられますが、現役を継続する人が大半です。

 

だから還暦で定年退職しない人に会社の同僚から還暦祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

 

それに一口乗ろうとすれば、人数で頭割りして1000円からの予算で贈り物を準備する段取りになります。

 

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうする?還暦のお祝いは祝儀なので、赤白の水引に蝶結びとします。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら希望の気持ちを表現する言葉で十分だと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お祝いされる人の名前ではないんですね。

 

本卦還りのお祝い品の予算は約2万円だそうで、それに食事代や旅行代として一人あたり3万円を予定するようですね。

 

もし父親が還暦だとすれば、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

 

ただ、どういった祝い方をしたいのかによってもお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

準備する贈る側の年代は、生活費が増えている年齢層でもあるので、誰でも1回しかないことなので、数年かけて準備しませんか?還暦のお祝いのためプレゼントの品物は、どんなものが喜ばれるか簡単にわかりません。

 

考え方は様々ですが、年寄じみた感じにしないという探し方があります。

 

ご当人世代は、還暦に弱い人に思えてしまう場合があるので、そういったことから還暦の意識をなくした方が喜ばれると思います。

 

ですので色合いは、暗い系よりは暖色が良いと思います。

 

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なのでメモリアルジュエリーのベビーリングを候補にしても良いと思います。

page top