還暦を祝う気持ちを表すためのプレゼントは、どんなものが適しているか容易には想像できないですね。

還暦を祝う気持ちを表すためのプレゼントは、どんなものが適しているか容易には想像できないですね。

考え方は色々ですが、年寄じみた感じにしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

 

ご両親の世代だと還暦は人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、そういったことから還暦の意識をなくした方がいいかもしれません。

 

ですので色合いは、地味系よりは明るい色の組み合わせが基本です。

 

例でいうと女性への贈り物として、本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味なのでベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人が名前を記しますが、実際は誰からの贈り物かわかるのであればどういう風に記しても構いません。

 

名前を並べるときは2人分くらいが具合がいいと思いますが、少なくても問題ありません。

 

ただ、多い場合は「○○一同」という書き方にする方が、スッキリしますね。

 

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうする?本卦還りはお祝いの行事なので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、堅苦しいのは抜きにして希望の気持ちを表現する言葉で十分だと思います。

 

そして、下に贈る人の名前を記します。

 

お祝い品を受ける人ではないんですね。

 

だいぶ前の会社では、還暦で会社を退職する人が、大半でした。

 

ですが今は、定年退職や年金支給の年齢が上がったという理由がありますが、リタイアしない人が、ふつうの様相です。

 

すると60歳で退職しなかった人に職場の同僚などから還暦祝いをするといった場面が見受けられます。

 

そんなときの会費は、少なくても一人1000円からの徴収で記念品を買う感じですね。

 

還暦のお祝い品の予算は1万5千から2万円くらいのようで、それと会食代、旅行代として一人あたり3万円を準備するようでしょうね。

 

両親健在で父親が還暦なら食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総額6万円ほど必要かもしれません。

 

そもそもどういった祝い方をするかによっても費用総額は違います。

 

60歳になった親の子供は、何かとものいりな世代でもあるので、一生に一度のことなので、地道に積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

熨斗には、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

 

還暦の内容は、男も女も同じで違いはありません。

 

ただずいぶん前は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという慣習に従って還暦を祝うのは男だけにして、そのせいで現在でも女性を対象にしない地区はなくなっていないようです。

 

もっとも年を気にする女性も多いですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとしつつ満60歳の還暦をお祝いする演出も良いと思いますよ。

page top