還暦祝いに贈る品物の購入額は2万円くらいと言われていて、さらに旅行や食事の代金の一人につき2万円ほど追加予算するケースが多いです。

還暦祝いに贈る品物の購入額は2万円くらいと言われていて、さらに旅行や食事の代金の一人につき2万円ほど追加予算するケースが多いです。

もし父親が還暦だとすれば、食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

もっともお祝いの仕方をどうしようと考えるのかによってもお金の按排(あんばい)は違ってくるでしょうね。

 

贈り物をする子供の世代は、子供の養育費や教育費がかかる世代でもあるので、たとえば還暦の年から逆算して、毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで積み立てをするのもいいのではないでしょうか。

 

満60歳本卦還りのプレゼントは、どんなものが適しているかなかなか答えが出ません。

 

いくつかの案のうち還暦=年寄とイメージするようなものにしない探し方だと選びやすいかもしれません。

 

還暦世代には、還暦=終活世代に思えることが多いので、年寄イメージに注意した方が良いと思いますよ。

 

色使いは、暗い色一辺倒ではなく暖色が生かされているといいですよね。

 

女性へのプレゼント案として、赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、持つ人のパワーを高めるベビーリングを贈り物として素敵だと思います。

 

熨斗には、外のしと内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

 

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

還暦は、男女とも同じで違いはありません。

 

ただ以前は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという慣習に従って本卦還り祝いは男だけにして、その慣習を継続して男性だけを対象にする地域もあるようです。

 

とは言うものの年齢が気になる女の人も多いですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら満60歳の還暦をお祝いするサプライズも楽しいですね。

 

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうする?還暦のお祝いは祝儀なので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

 

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら「これからもお元気で」でも良いと思います。

 

下側には、贈る人がわかるように書きます。

 

本卦還りご当人の名前ではないのでウッカリされないように。

 

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、思い違いせず贈り主がわかればどういう風に記してもそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

名前を書き連ねる場合なら書くのは2名くらいだとちょうど良いですが、少なくても支障ないですね。

 

ただ、3名以上なら子供・孫一同とした方が、見た目はスッキリしますね。

 

以前、企業では一般的に60歳定年として退職する人が多かったようです。

 

ですが今は、全般的に長寿になったという理由がありますが、リタイアしない人が、むしろ当たり前のようです。

 

そういった人に対し、職場の同僚などから本卦還りの祝いをするといった場面が見受けられます。

 

予算としては、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいで贈り物を準備する段取りになります。

page top