還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどう書く?本卦還りは長寿のお祝い事ですから赤白の水引、そして蝶結びにします。

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどう書く?本卦還りは長寿のお祝い事ですから赤白の水引、そして蝶結びにします。

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、形式ばっているのはなしで「ありがとう」でも十分だと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お父さんやお母さんの名前ではないので勘違いされないように。

 

満60歳本卦還りのプレゼントの品は、どんなものが適しているか楽々と決めるのは難しいです。

 

考え方は様々ですが、The還暦という感じのものにしない探し方だと選びやすいかもしれません。

 

還暦は、ご両親の世代だと終活世代に思えることが多いので、還暦を意識しすぎない方がいいかもしれません。

 

ですので色合いは、地味系よりはご当人の好きな色が基本です。

 

例でいうと女性への贈り物として、赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、持つ人を守護するベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?本卦還り祝いに贈る品物の購入費は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として一人につき2万円ほど準備するようでしょうね。

 

仮に父親だけが還暦だとしても旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総予算としては6万円前後になると思います。

 

ただ、どういった祝い方をするのか、考え方によって予定金額は違うでしょう。

 

段取りする子供の年齢層は、子供の養育費や教育費がかかる年齢の人たちが多いので、誰でも1回しかないことなので、毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで準備しませんか?熨斗には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

 

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

 

以前、企業では一般的に還暦で会社を退職する人が、多かったようです。

 

けれども近年は、働く必要に迫られてきたこともあると思いますが、会社を辞めない人が、むしろ当たり前のようです。

 

そんな時、還暦で現役の人へ職場の同僚などから人生の節目を祝うといった話はよく聞きます。

 

それに一口乗ろうとすれば、お金を出し合ってプレゼントを用意するという感じになります。

 

還暦は、男女とも同じで違いはありません。

 

ただ昔は、男性を家の跡継ぎにするという習わしがあったため本卦還りを祝うのは男性だけにして、その名残で現在でも女性を対象にしない地域もあるようです。

 

もっとも年齢を気にする女の人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の還暦をお祝いするサプライズも楽しいですね。

 

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はふつうは贈る人の名前を書きますが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどちらでも特に問題ありません。

 

名前を書き連ねる場合なら書くのは2名くらいだと良さ気ですが、少なくても支障ないですね。

 

敢えて言うなら多い場合は、「○○一同」という書き方にする方が、優劣なしでいいかもしれません。

page top