還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はお祝いする人の名前ですが、贈り主を勘違いすることがなければ、名だけでも、まあ構わないでしょう。

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はお祝いする人の名前ですが、贈り主を勘違いすることがなければ、名だけでも、まあ構わないでしょう。

複数の名前にするなら2人分くらいが良さ気ですが、臨機応変に決めて大丈夫です。

 

ただ、3名以上なら子供・孫一同と記した方が、見た目はスッキリしますね。

 

還暦祝いの贈り物の費用は約2万円だそうで、それと会食代、旅行代として一人あたり約2万円を考える必要がありそうです。

 

仮に父親だけが還暦だとしても旅行や食事は母親と二人分必要ですから、全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

 

ただ、どういった祝い方をするのか、考え方によって概算費用は変わります。

 

贈り物をする子供の世代は、自分たちの生活にお金がかかる年代でもあるので、その時に困らないよう数年かけて貯金しませんか?のしには、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

 

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

 

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

 

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外熨斗(そとのし)と内のしでどちらが正解ということではありません。

 

だいぶ前の会社では、還暦で定年退職する人が、大半だったと思います。

 

近年は、全般的に長寿になったからで、現役続行者がたくさんいます。

 

そのような人は、会社の親睦会などから本卦還り祝いをするというケースもありますね。

 

それに賛同する場合は、各自1000円程度から集めてお祝い品を手配する感じです。

 

満60歳本卦還りのプレゼントの品は、何にすると喜んでもらえるか簡単に決められません。

 

考え方は色々ですが、年寄を連想しないように探し方だと選びやすいかもしれません。

 

年配者の中には、還暦は年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、まだまだこれから!をイメージした方が良いと思いますよ。

 

ですので色合いは、暗い色一辺倒ではなく暖色が配色されているといいでしょう。

 

ちなみに女性に贈るなら赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、メモリアルジュエリーのベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

 

男性でも女性でも還暦は同じ差はありません。

 

ただ、だいぶ前の時は、家の跡継ぎを男性にするという通例があったことで本卦還りを祝うのは男性だけにして、そのせいで男性だけを対象にする地域はなくなっていません。

 

とは言うものの年齢が気になる女の人も多いですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で還暦を祝う演出ならいいのではないでしょうか。

 

本卦還り祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りのお祝いは文字とおりお祝いなので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

 

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、堅苦しいのは抜きにして「感謝」でもいいと思います。

 

下は贈る人の名前です。

 

お父さんやお母さんの名前ではないんですね。

page top