還暦祝いの贈り物の費用は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として一人につき約3万円ほど考える必要がありそうです。

還暦祝いの贈り物の費用は二万円前後が主流で、それに旅行代や食事代として一人につき約3万円ほど考える必要がありそうです。

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、総予算としては5万円以上になると思います。

 

そもそもどういった祝い方をするのか、考え方によって予定する金額に違いがあります。

 

60歳になった親の子供は、何かとお金が必要な世代でもあるので、一生に一度のことなので、毎月千円でも積立貯金していくのはどうでしょうか。

 

今までの感謝の気持ちを表すためのお祝いの品は、何が最適か悩みますよね。

 

いくつかの案のうち還暦=年寄とイメージするようなものにしないという探し方があります。

 

ご両親の世代だと還暦は年寄という構図を持つ人が多いので、年寄イメージに注意した方がありがたさも倍増ですね。

 

色合いも派手にとは言わないまでも、暗い色ばかりでなく明るい色の組み合わせが配色されているといいでしょう。

 

例でいうと女性への贈り物として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、記念のベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?昔の会社勤めですと還暦で定年退職する人が、ほとんどだったと思います。

 

けれども近年は、世間の価値が変わったこともあると思いますが、会社を辞めない人が、多くいます。

 

そのような人は、会社の同僚から本卦還り祝いをする親密的なお話しがありますね。

 

そんなときの会費は、一口、少なくて千円、多くて5千円くらいで贈り物を準備する段取りになります。

 

還暦祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はお祝いする人の名前ですが、実際は誰からの贈り物かわかるのであればどういう風に記しても問題ありません。

 

連名にする場合は書くのは2、3名くらいだとちょうど良いですが、多くても支障ないですね。

 

敢えて言うなら多い場合は、兄弟一同などとした方が、見た目はスッキリしますね。

 

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りのお祝いは長寿のお祝いに含まれるので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

 

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、もっとフランクに「感謝」でも素直にいいと思います。

 

それで、下側に贈る人を記します。

 

お祝いされる人の名前ではないので勘違いされないように。

 

熨斗には、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)があります。

 

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

 

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

 

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

 

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

 

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内のしと外のしのどちらが正解ということではありません。

 

男女とも還暦であることは同じで違いはありません。

 

ただ昔は、男に家督を継がせるという価値観により還暦のお祝いは男性だけで、そういった経緯で今でも男性だけという地域もあるようです。

 

とは言え年齢を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとして満60歳の還暦をお祝いする演出も良いと思いますよ。

page top